読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月月主題 <であう>

<月目標>

 ・保育者の祈りを通して神様と出会う。

 ・新しい環境や保育者に親しみを感じる。

 ・保育者に守られて安心して過ごす。

 

ご進級、ご入会おめでとうございます。このクラスは、未就園児の大切な育ちを守り、保護者の困りを共有して、心楽しく次のステップへと成長してほしいと願うお手伝いをさせていただくクラスと捉えていただければ嬉しいです。

 奇麗な桜花の満開で迎えた2017年度です。4月当初の参加人数は6人とそのご家族、そしてpre-preの先生2名、さらには、赤組や緑組のお兄さんお姉さんの見守りで、いろんなことを教えてもらい、手を繋いでもらい、遊んでもらってきっと楽しい毎日になることでしょう。2歳を迎えてすぐのお友達と、もうすぐ3歳になるお友達、さらに隣のクラスには花組さんがいて、年齢の幅広くの関わりの中で、優先させてもらえるという温かな援助を受けられるのがこのクラスの特徴のひとつでもあります。小さいながらも、様々なことを吸収して、新しいことに目をキラキラ輝かせる毎日になってほしいですね。そして、家に帰れば反抗期そのものの時間を迎えてられるかもしれないこの年齢の子ども達ですが、自分でもどうしようもない思いに駆られてのイヤイヤ期なのですね。しかし、お父さんお母さんはそのことにちょっとは、時々は、付き合ってあげてほしいと思います。一過性にすぎません。この道を通過してもらった方が良いのです。周りの大人は大変でしょうが、子ども達同士は、むしろ自分が通ってきた道だから、その心の内がわかるのでしょうね。今、こうして、とっても小さな集団に身を置くことにより、小さいなりに様々なことに触れ、友達の存在を意識し、お父さんお母さん以外の大人である先生に甘えることも覚えていくようになります。甘やかすわけではありません。少しずつ自立への道も大切ですから。でもまずは、この場がお子さんの、また保護者の方々の「居場所」となり、「安心して過ごせる場」でなければなりません。私たちには守る責任があります。保育者のお祈りを通し、見えない神様の存在を知る。子ども達も保護者の方々にも神様を感じて頂く。この聖マリア幼稚園に与えられた大切なお恵みだと思います。これを日々の保育に生かし、心身共の成長を願いましょう。