読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6月:『感じて』

【月目標】
 *成果や祈りのことばに心をあわせる。
 *感染症に気を付けながら健康に過ごす。
 *友だちや身近なものごとに興味を持つ。
 *遊びや自分の思いが大切にされていることを感じる。

 

 真夏日の続いた5月から、本当の夏日に向かう6月の梅雨の時期を迎えようとしています。子ども達は、それぞれの天候に合わせて、園内外での遊びを活発に繰り広げています。1学期が一番たくさん、ゆったりと思いっきり遊べる様に思います。
 それは、年度初めの学期として新たなお友達関係を構築していくためにとても重要なことです。それぞれの成長の中で、相手への理解(遊びを通しての言語でのやりとり、心での感じ方、自分の処し方 etc.)を余儀なくしていかねばならないことに他ならないからです。その関係性の中には、神様が創造されたすべての生き物、お友だちが作った大切な作品、自分が感心を寄せて持参した諸々の物、他のお友だちの所作を見て自分も挑戦してみたいなぁと思うこと、いっぱい いっぱい子ども達の毎日の生活の中には、ただならぬことが満載です。大人は通り過ぎて来た道を振り返れたとしても、その時の気持ちを理解しても、自身がその時の気持ちにまではなかなか下げることはできませんね。だって、人生の多くの経験を経てこられたから、どうしても上から目線になってしまうのですね。幼いお子さんと会わせることの難しさがいっぱいありますね。
 子ども達が毎日、見て、感じて、興味を示して、わくわくする。それが何なのか個々によって異なりますが、どうぞ子どもさんの「発見」にお付き合い下さい。この幼稚園で送り迎えをしていただいているからこそ、お子さんが見つけ、感じ、探求し、納得し、前に勧めるようになるのです。「生活」を基礎に「学習」をしている幼稚園という場では、先生の力量が大いに問われると思っています。子ども達の持つ引き出しが、何段になるのか、大きいのか小さいのか、これから計り知れなくなるその器がより充実した物になるように、私たちがお手伝いできれば嬉しい限りです。さぁ、新たな経験が二つ、今年度もこの6月に始まりますよ。プールと七夕様制作。どんな風に水と戯れ、どんなお飾りが出来上がるのでしょうか。経験を重ねてそれが自身につながりますように。